業務を効率化できる

余剰人員の有効活用が可能になる

マーケティングオートメーションというのは、企業などが行うマーケティング業務の全部または一部をシステムやソフトウェアを使って自動化することを言います。そのメリットには、様々なものがありますが、中でも大きいのが業務の効率化が可能になるという点です。マーケティングオートメーションを導入すれば、これまで人手に頼って行っていた業務をシステムが代替できるようになります。それによって余った人員を他の業務に回すなどして有効活用すれば、より企業全体の生産性を向上させることができるでしょう。また、場合によっては、余剰人員の削減によってコストを抑制し、それによって企業の財務体質をより強固なものにすることも可能になるはずです。

より効果的に集客アップができるようになる

マーケティングオートメーションによって、より効果的に集客アップを図れるようになります。これまで営業担当者の勘に頼ってマーケティング活動を行っていたような企業においては、Webシステムなどを使ってターゲットとすべき顧客層をより絞り込めるようになるため、せっかくコストをかけてマーケティングを行ったにもかかわらず大した成果が出ずに空振りに終わるというリスクを低減できるようになるでしょう。また、システムを活用して顧客データの解析を行えば、これまで狙っていなかった年齢層の顧客を新たに開拓できるようになるかもしれません。新たな顧客層が開拓できれば、自社の売上を飛躍的に向上させられますので、マーケティングオートメーション化に要した費用を簡単に回収できる可能性があります。