仕事量が増える可能性がある

システム導入時に必要な仕事

マーケティングオートメーションは、利益に結び付く営業活動を可能にするツールですが、携わる人の仕事量が増えるデメリットがあります。それは、特にシステムを導入する段階で顕著です。マーケティングオートメーションシステムの導入は、営業活動を自動化するために様々な設定を行う必要があります。例えば、どのコンテンツのどの部分をトラッキング対象とするかを決め、ドメインやSSL、タグを設定するなど細かい作業が多々発生します。また、見込み顧客に対してどのようなアクションを起こすか、シナリオを用意する必要があります。さらに、見込み顧客の立場や行動でスコアリングの配点を考えたり、営業担当者に対応を依頼するタイミングを設定するなど、導入時の仕事量は急増する傾向にあります。

導入後に必要となる仕事

マーケティングオートメーションを導入した直後は、社内でシステムを使いこなせるまでの間、仕事量が増加する可能性が高くなります。どのシステムを導入したとしても言えることですが、ITスキルなどの問題で一定程度、使いこなせない方が発生するものです。そのような方を含めて全社員がマーケティングオートメーションを使いこなすためには、ある程度の時間が必要となり、マニュアルの作成など、きめ細やかな対応が必要となります。また、時代の流れの速さはビジネスの現場でも同様です。そのため、マーケティングオートメーションを導入した後も、引き続き効果性のあるシステムとしていくためには微調整や新たなコンテンツの作成が必要となり、仕事量が継続して増える可能性があります。