スキルやノウハウの属人化を防げる

マーケティングは人によって成果がまちまち

マーケティングは、企業の売上を左右する大きな要素です。そのため、マーケティング部門に力を入れる企業は数多くあります。そのようなマーケティングの大きな問題のひとつは、人によって成果がまちまちであるということです。どのようなマーケティング方法が売り上げに貢献するのかは、明確にわかっていません。また、マーケティングは、基本的に営業マン一人で行うことがほとんどです。担当する顧客を持ち、活動するため、ほかの社員にマーケティングの手法が伝わることは少なく、属人化しやすいという問題があります。マーケティングの技術やノウハウは一人の営業マンにとどまってしまいます。

マーケティングオートメーションを導入すれば、これらの問題が解決に向かいます。マーケティングオートメーションを活用すれば、営業マンの活動が情報化されるので、どのような営業活動が成果につながるのかわかりやすくなります。

マーケティング技術の育成に役立つ

マーケティングオートメーションを導入することによって、マーケティングのスキルやノウハウが属人化することを防ぐことができれば、営業マンの営業成果を均一化することができるほか、後進の育成をする際にも非常に役立ちます。これもマーケティングオートメーションを導入するメリットといえるでしょう。マーケティングオートメーションを導入しないままだと、営業成績は、それぞれの営業マンの力に依存し、受注率も各々異なります。その技術を平均化することは難しく、適切な技術を後進に伝えることも難しいです。しかし、マーケティングオートメーションを導入すれば、データ化され、情報共有も容易となるので、マーケティング技術を伝えやすくなります。

顧客との関係もある程度マーケティングオートメーションが担ってくれるので、比較的簡単に契約を獲得することも可能です。